C.P.theの香りと癒しのティータイム | Qualiter Letter

クリスマスティー




皆様こんにちは〜
もうすっかり12月!クリスマスですね。

アルションでもシュトーレンやパネトーネ、
クリスマス限定紅茶…クリスマスムードに染まっています。

クリスマスになると紅茶店では「クリスマスティー」なんて名前の紅茶が
よく販売されています。

スパイスと共にブレンドされた紅茶が多く、クローブ、ナツメグ、シナモン、
ジンジャー、柑橘系のオレンジ等をブレンドしているのが主流です。

スパイスが苦手な方にとっては、なんだかこの時期の紅茶は独特のブレンドだなぁ、
なんて思われる方も多いのかもしれませんが、これには理由があるのです。

19世紀のイギリスでは紅茶は貴族たちだけでなく、
民衆にも幅広くもまれるようになりました。

クリスマスのお祝いは1年に一度の大切なお祝い…
いつも飲んでいる紅茶ではなく、当時高価であったスパイスや、
フルーツ類をブレンドして飲んでいたそうです。

ヨーロッパではスパイスを生産することができなかった為に貴重であり、
その為に争いが起きるほど高価であったとされています。

また、スパイスには抗菌作用があり、病原菌を退治する効果があるとされていますし、
果物の皮には 気持ちをリラックスさせ、身体を温める効果があります。
オレンジやレモンにはビタミンも豊富。寒くなって風邪等ひきやすい時期ですので
風邪対策の意味もあったのだと思います。
理由や歴史があるので、それを感じると「なるほど!」ですね。

そんなクリスマスティーですが


自宅でできる簡単クリスマスアレンジティーがあります♪

■用意するもの(2杯分)■
茶葉(ニルギリ、セイロンブレンドなど) 5〜6g
熱湯 300cc
オレンジスライス 2枚
クローブ 2〜4粒

■手順■

  • 温めたポットに茶葉をいれ熱湯を注ぎ3分程蒸らす。
  • 茶こしを使って温めたカップにホットティーを注ぐ。
  • オレンジスライスにクローブを刺し、ホットティーに浮かべる。

   

このアレンジはとっても簡単です。
クローブは日本では丁子(ちょうじ)と言われ、釘のような見た目が特徴で、
漢方にも使用されています。

強力な消臭、殺菌作用が特徴で、体を温める効果もあります。
つぼみが開花する直前に摘みとり、日陰に干して乾燥させ、
スパイスとして利用しています。

日本にもかなり古くから、5 〜6世紀には紹介されていました。
なんと正倉院の宝物の中にも当時輸入された丁子があります。


オレンジとクローブを差し込むだけで、とっても簡単なのに、見た目のインパクトがあり、
クリスマスパーティーにもピッタリ。

「おぉぉ」「素敵」と皆様本当にビックリしてくださるので、
提供する立場としても嬉しいです♪ぜひお試しください。

スパイスをブレンドした紅茶を飲んで体ポカポカ。
今年は厳寒とも言われていますが、暖かく冬を過ごすアイテムになりますよ。

アルションでももちろん、ジョルジュキャノンのクリスマスティーをご用意致しました。
今年は『クリスマスの街』と呼ばれるアルザス地方をイメージしたクリスマスティー、
それから異国のクリスマスをイメージした「エトワール・ド・ベニス」を入荷しました。
数量限定ですので、完売の際には、ご容赦ください。




また、例年冬の定番となっております「カラメルりんごティー」も、
冬向けのスパイスティーになっております。

りんごとカラメルの甘い香りがスパイスのもつ独特の風味を和らげ、
まるでアップルパイを思わせるようなブレンドです。
スパイスティーは初めて・・・という方にもおすすめです。




せっかくなので、美味しくクリスマスを楽しみましょう〜!


アルション近鉄生駒店 C.P. Thé 店長 椿 でした。


JUGEMテーマ:紅茶・コーヒーを楽しむ*

11月1日は紅茶の日!



こんにちは♪サロン・ド・テ・アルションの石原です♪
最近は朝晩の寒さに毎朝毛布と睡魔とに戦いを挑んでいる私でございますが(笑)
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?ほんと、毛布のぬくもりには勝てないです〜
ですが、仕事の支度を済ませていざ外に出ると…凛とした空気感に
あぁ冬が近づいてきているのかな?と思ってわくわくしております。
この空気感は好きですね! 朝から気合が入ります!!

さてさて、紅茶好きの皆さんはもちろんご存知の方が多いと思いますが、
1983年(昭和58年)に日本紅茶協会により定められました。
意外とまだ最近の話ですよね♪

その由来は、1791年(寛政3年)の11月1日に、
伊勢の国(現・三重県)出身の船頭・大黒屋光太夫という人物が、
ロシアの女帝・エカテリーナ2世のお茶会に招かれ、
日本人として初めて本格的な紅茶を飲んだ、という逸話からきています。


江戸時代−1782年伊勢の国の白子港(現・三重県鈴鹿市)から、
廻船・神昌丸が出港しました。船頭は大黒屋光太夫さん。
船員は総勢17名、米や木綿などを積み江戸に向かいました。


しかし出港から4日後、神昌丸は遠州灘で嵐に見舞われ遭難してしまいます。
光太夫らは約7ヶ月もの間漂流を続け、ようやくロシア領・アムチトカに上陸。
厳しい寒さの中、多くの仲間を失いながらもこの島で約4年を過ごし、
帰国嘆願のためにシベリア本土のカムチャッカ半島へ渡りました。
しかし、当時の日本は鎖国状態。嘆願は却下されてしまいます。

それでも光太夫らはあきらめず、帰国許可を求めてシベリアをまさに「横断」します。
カムチャッカからオホーツク、シベリアの中心都市イルクーツク、
そして首都サンクトペテルブルクへ向かいます。

なぜ、ペテルブルクに向かったかというと、
女帝エカテリーナ2世に直接帰国の許可を願い出るためです。
そして、努力の甲斐あってついに謁見が叶うのです!本当に良かった!(泣)


さて、皇帝への謁見から帰国までの間、光太夫はロシア皇太子や貴族、
政府高官から大変優遇されました。
エカテリーナ2世の文化的事業に協力するなど、大きな足跡を残し ている光太夫さん。

こうした貢献からか、ペテルブルクを離れる直前の1791年11月1日、
光太夫はエカテリーナ2世のお茶会に招かれ、日本人として初めて、
本格的な欧風紅茶(ティー・ウィズ・ミルク)を楽しんだといわれています。

このことから、日本紅茶協会は、この日を日本における「紅茶の日」と定めました。
なかなか波乱万丈な大黒屋光太夫さんですが、
ときにはこういった歴史のお話を思い浮かべながらお茶を頂くというのも
なかなかいいものですよね!

おっと、美味しいお菓子も忘れずに♥


さて話は変わりますが、11月はだんだんと冬の寒さと空気の乾燥する季節ですよね!
こういうときは、風邪やインフルエンザを引き起こすウイルスがいっぱいです!!

ウイルスは喉から身体の中に入ってこようとします。
なので、手洗いはもちろんなのですが、うがいが効果的ですね♪

そこで紅茶うがいをご紹介!                      
といっても簡単なのですが(笑)                              

紅茶の茶葉はどんなものでも大丈夫です!お好きなものでどうぞ♪

通常紅茶を入れるとき同様にアツアツの熱湯で茶葉を蒸らして、
濃いめの紅茶液を作ります。それをお水で2倍ほどに薄めて使います。
やけどに注意です!

普通に飲めるお茶を使うのもったいないわ!というかたは出がらしでも十分です。
手洗い、うがいを済ませたら、さらに温かい紅茶を飲んで身体を温めましょう!
体調を崩しやすくなる時期だからこそ美味しい紅茶で乗り切りましょう♪
これなら私でも出来ます!ぜひお試しくださいませ♪

 

自分のお気に入りを探して
紅茶時間を楽しく♥


クリスマスが迫ってくると世のケーキ屋さんはもちろんのこと
皆さんも慌ただしい日々が続きますよね…

12月が迫ってくるともう今年もあと2カ月かぁ〜と思い焦ります!!
仕事が山積みになり心の余裕はどこへやら…

そんな時は、やっぱりティーブレイクは必要です!休む時には休まないとですし♪
最近の私は紅茶やハーブで前から気になっていたものがあり、
いろいろ自分で飲んでみましたよ!

まず、一つ目はスターバックスさんの新ブランド"TEAVANA ティーバナ"。
「ティーを多彩に変えていく。」をコンセプトとし、さまざまな茶葉に、花や果物、
ハーブやスパイスなどを組み合わせた、幅広いフレーバーが楽しめるとのことで、

2013年にアメリカでは展開されています。
スターバックスが紅茶の専門店に進出した理由は
珈琲をあまり飲まない国へお茶を販売することで更なる拡大を狙ったものなんだそうです。
意外にもイギリスなんかは珈琲はアメリカの3分の2程度しか飲まれないそうです。

しかし、お茶に関してはアメリカの6倍も飲む人が多いんだとか…
さすが、紅茶大国イギリスですよね!





他には、先月10月に阪急で開催されていた"イギリスフェア"で
パッカというイギリスのハーブティーを3種類買い占めました!

ほぼ全種類のハーブティーの試飲を制覇し(笑)販売員のお姉さんと
とある話題で意気投合してお話が盛り上がり、とっても楽しい時間になりました!

そんなことを思い出しつつ、最近は仕事から帰ってきてお茶を淹れたり、
朝いちの寝起きに一杯淹れたり…とお茶ライフを満喫しております♥
いろいろなお茶に囲まれていると、と〜っても幸せな気持ちになります♪元気チャージ☆             

11月はどこか慌ただしくなりますが、ちょっとお茶を飲んで一息つく時間をつくって

毎日元気に紅茶ライフを楽しみましょう♥


ちなみに、サロン・ド・テでは1日から15日までは紅茶全品10%オフを開催しております!

さらに♪1、2日は"ティーフリー"という紅茶飲み放題をやります!!
スタッフのチョイスで次々に運ばれてくる紅茶たち…
普段はあまりチョイスしないお茶も出てくるとは思いますが、
その1杯の出会いで新たな発見があるかもしれません♪

一年に1度のお茶のイベントですので、
お時間ある方はぜひともご来店お待ちしておりますね♡



サロン・ド・テ・アルションの石原がお届けいたしました〜



JUGEMテーマ:紅茶・コーヒーを楽しむ*

王室御用達!?ロイヤルミルクティー

皆様こんにちは!
10月に入って少し暑さは残りますが、照りつけるような太陽の暑さはなくなりましたね〜
今年は、「イ、イタイ…」と感じるくらい、特に日差しががんがん暑く感じました。

生駒の近鉄百貨店も各店もう9月からいきなりハロウィンモードに変身!
すっかり秋です。

これからそんな秋に向かってオススメしたいのがロイヤルミルクティー。
私の失敗にまつわるストーリーを加えながら、ちょっとお話致します〜

煮込んで作るロイヤルミルクティー
その名前を聞くと、イギリス王家の伝統ある格式高いミルクティーのことでしょう!
と思ってしまいますが、実は全く違います。

ロイヤルミルクティーとは和製英語でイギリス人の方も知らないとな…ビックリ!
イギリス王家認証のミルクティーだと勝手に勘違いしますよね。
王室御用達だと思っておりました。




じゃあどこからこんな浸透したの?と言いますと、
京都にあります「ティーハウス リプトン」さんが、
1965年にロイヤルシリーズとしてケーキやプリンを出したときに、
ロイヤルミルクティーと名前をつけて出した事が発祥だと言われています。

でもなんとなく日本人の心理として、「ロイヤルなんとか」とあると
「おおぉ」「素敵」となってしまいますよね。

そんな心理もあって、ここまで浸透したのではないかと思います。

危うくイギリスで「ロイヤルミルクティーくださーい!」と言ってしまうところでしたね。
イギリスの方もビックリ!ミルクを通常のミルクティーよりも
たっぷり使用する事を考えると、差別する、と言う意味では
なんとなくその名前も納得してしまいます。

イギリスではミルクたっぷりの紅茶で楽しむのが主流。
ミルクがつくのは当たり前で、「ホワイトティ−」とも呼ぶそうです。





★ロイヤルミルクティーの作り方★

①ミルクパンなどの鍋に水道水200ccと茶葉3.5gを入れ、沸騰するまで火にかける。
②沸騰したら弱火で茶葉が開くまで炊く。
③茶葉が開いたら、牛乳200ccを加え、ふきこぼれないよう中火で3分間炊き続ける。
④沸騰直前で火を消してそのまま3分蒸らす
⑤別の容器に茶漉しで茶葉を漉しながら移す。
アイスにする場合は粗熱をとってから冷蔵庫に入れてください。

上記が美味しいロイヤルミルクティーの作り方です。

ここからは教科書に載っていない、
僭越ながら私の失敗から美味しい「コツ」をお伝えします。

ロイヤルミルクティーの味がうすい!
→茶葉が開き切るまで煮込んでいないのが原因。これらいでいいかな、と言う
あいまいな感じではなく、茶葉の形がわかるくらいしっかり煮込むのがポイント!

牛乳の味が強い
牛乳を入れたら絶対に沸騰させない!目を離さない事が重要
牛乳は目を離すと沸騰しやすいので、絶対にさせない。
沸騰すると牛乳の味が主張してしまいます

茶葉がミルクパンに焦げ付く
→定期的にへらで、かき混ぜる。茶葉が焦げてしまいます

後はお砂糖でしっかりと甘みをつけて飲むのが、
私の美味しいロイヤルミルクティーの作り方です
茶葉を増やして濃い目、甘めで仕上げるのも、とってもおいしいです。

これから紅茶を美味しく楽しめるぴったりの時期!
ミルクティーを美味しく作って愉しみましょう!!

アルション近鉄生駒店 C.P. Thé 店長 椿 でした。


JUGEMテーマ:紅茶・コーヒーを楽しむ*

| 1/25PAGES | >>