C.P.theの香りと癒しのティータイム | Qualiter Letter

5月は“母の日”ですね♪

 

今年の母の日は5月14日です!
母の日と言えば"カーネーション"ですが、そもそもなぜカーネーションを贈るようになったんでしょう?
また、日本に限らず他の国では母の日はどのような感じで行われているんだろうか?ということで、
母の日についていろいろと調べてみましたよ♪

母の日はアメリカのウエストヴァージニア州に住む
"アンナ ジャーヴィス"という女性がきっかけとなります。

アンナさんの母親あるアンさんは地域の医療や衛生環境を改善しようと
「Mothers Day Work Club」というボランティア団体を組織し、
地域の医療補助活動を行っていました。
アンさんが住むウエストヴァージニア州のウェブスターというところは南北戦争時の
「北軍」と「南軍」の両軍が駐屯する場所でした。

当時は医療の発達の遅れや衛生環境が悪かったこともあって、
両軍の兵士の間で「チフス」や「はしか」などの病気が流行っていたのです。

その時、アンさんのボランティア団体「Mothers Day Work Club」は
北軍、南軍関係なく病気やけがで苦しむすべての兵士達に救いの手を差し伸べました。
アンさんは南北戦争の後も平和活動や子供たちの教育支援など幅広い活動を続け、
1905年5月9日に亡くなりました。

そんな偉大な母親を敬うアンナさんは、母親を敬う気持ちを亡くなった後も残しておきたいと思い
「母親のための祝日を設ける運動」を始め、その後はアメリカ全土に広まっていきました。
そしてついに!1915年に法律が施行され、
世界で初めて国全体における「母親のための記念日」が
誕生したのです。母を思う気持ちが国の法律を動かすなんてすごい事ですよね!!

ちなみにアンさんは"白いカーネーション"が好きで、アンナさんがアンさんが亡くなった時に
彼女の祭壇に白いカーネーション"を飾り、参列者にも配ったことから、
母が健在であれば"赤いカーネーション"亡くなっていれば"白いカーネーション""を贈るという流れが生まれ、その後は赤いカーネーションが一般化していきます。

カーネーションの花言葉は花の色によって異なるみたいです!

  母の愛

  ピンク…感謝

  紫…気品


最近はブルーや七色!?のカーネーションまであるんですよ〜びっくりですよね♪

さてさて
日本の母の日はというと5月の第2日曜日が母の日ですね♪

1915年直後にキリスト教の教会などではすでにお祝が始まっていたとされています。
日本で全国的に広まったのは、1937年に森永製菓が「母の日」を全国的に告知したことでした。

森永製菓は各団体に協力を呼びかけ、「母の日中央委員会」を設立。
翌年に「第一回 森永・母の日大会」を豊島園で盛大に開催!
大会のポスターの貼ってある菓子店で招待券を配り、20万人ものお母さんを無料で招待したそうです!
招待券には電車の乗車券、豊島園の入場券の引換券のほか、
森永のお菓子の引換券などが当たる福引券が付いていたんですって♪
当日は楽しく過ごすお母さん達で賑わったそう❤
その後は全国の主要都市を舞台に毎年開催されるようになって広まっていきます。


一方フランスではどうでしょうか?
5月の最後の日曜日が母の日だそうです。
フランスでもこの日にお母さんにプレゼントを贈る習慣はあるようですが、
母の日とカーネーションの結びつきは日本ほど強くないようです。意外ですね!
てっきりどの国もカーネーションだと思ってました(汗
 フランスでは5月1日に"すずらんの日"というのもあるようですよ♪
 この日に愛する人にすずらんを贈るという習慣で、
 すずらんを贈られた人には幸運が訪れるという縁起ものです♪
 春のシンボルであり、幸福をもたらすと考えられていたすずらん。
 シャルル9世の時代からこの習慣は始まったとされています。

他にはタイではジャスミンの花を贈るですとか、オーストラリアでは菊のはなだったり!
本当に国によって様々なようですね〜ですが、
母親に感謝の気持ちを込めてお祝いすることに関しては世界中同じようです♪

今年の母の日は何にしようかな?
まだまだ迷っている方はぜひアルションに!
サロンでは母の日にもぴったりな紅茶とお菓子のティータイムセットをご提案しております★
1番人気のほっと心が癒されるアルションブルーはもちろん!
美肌効果やむくみ改善などで注目されているルイボスティーの"ルフィルルージュ"
他にもフランス産のお砂糖"ベルドシュクレ"とかわいいティースプーンもセットに入ってますよ♪
5月も新作の紅茶がぞくぞく入荷予定ですので、この機会にぜひお立ち寄りくださいませ!
プレゼントのご相談も承ります!!

私の母の日は…
ゴールデンウィークが終わって落ち着いたら、
例の舞台の再演を母と観に行こうと約束しております♪舞台はというと9月のブログにも
ちらりと載せておりました"王家の紋章"です!去年観劇した時に5月は梅田の芸術劇場でやるということでしたので事前にチケットを購入して準備はバッチリ★この日は母とまったりいろいろな話をしつつ、"ありがとう"の日頃の感謝の気持ちも伝えたいと思います!

あぁ、今から舞台が楽しみで仕方ありません!!その前にゴールデンウィークを乗り越えねば!
5月のサロンドテは、ミルクティーフェアーですよ〜。みなさまのご来店お待ちいたしております。





サロン・ド・テ アルション法善寺 石原がお届けしました〜


JUGEMテーマ:紅茶・コーヒーを楽しむ*

春がやってきました♪

みなさん、こんにちは。
カリテ通販を担当しています、C.P.Theの荒井です。

寒い冬が終わりを告げて、4月、新年度、春到来・・・!
やっと暖かで、活動的な季節がやってきました♪
桜が咲いて、目に入る風景も花爛漫で色鮮やかになっていくこの時期、
日本ではおなじみのお花見♪ヨーロッパでも花祭りが盛大に行われます。
ご予定が入ってる方もたくさんいらっしゃるのでは、ないでしょうか?

毎日がうきうきと心踊る、楽しい季節なのですが、
ハッピーなキモチの高まりに、体がついていけず、
なんともいえない不調を感じることがある時期でもあります。
おなじみの5月病は、この春の不調が表れた結果とも言われていますよね・・


そこで今日は春をリラックスして楽しむ為に・・・

この時期特有の、心と体のアンバランスさを整えてくれるハーブティーをご紹介したいと思います。

 

 

☆その1☆ ヴェルヴェンヌ(レモンバーベナ)
ヨーロッパではメディカルハーブ(薬用)として・・・
またフランスでは、カフェでレストランで庭先で・・・、
ハーブのあるシーンでは見かけないことがないといっても過言ではない程、
生活に根付いたポピュラーなハーブティーです。

その歴史を紐解くと、夏至の日に魔力の高まる魔法の草で、
様々な儀式に用いられていたとも、不老長寿のハーブとも、
はたまた安産できる聖なるハーブとも・・・ とにかく様々な二つ名を持つハーブです。
それだけ生活に根付いてきた、ということでしょうね。

効果効能はリラックス効果、疲労防止効果。特に憂うつ感を和らげる鎮静効果があり、
食前に飲めば食欲増進、食後には消化促進効果があります。
夕食後から就寝までの “イブニングティー”として、
リラックスタイムに最適のハーブティーです。

美味しく楽しむ方法も、いたって簡単です☆
レモンのような香りで非常に飲みやすいので、
乾燥したものであれば、2、3枚相当をひらりとカップに入れて、お湯をそそぐだけ。

また、サロン法善寺では、4月限定でヴェルヴェンヌのアレンジティーをご用意♪
ぜひこの機会にお試しくださいね。




☆その2☆エルダー(フラワー)

「万能の薬箱」と呼ばれるほど様々な効果効能が実証されており、
ビタミンもAやCを豊富に含みます。一般的に利用される花は痰を取り、
のどを楽にするので鼻や喉の治療に効果的・・
初期の風邪症状を和らげるだけでなく、
この季節、特に悩まされる花粉症緩和にも良いとされています。

子どものカゼ薬、として花のエキスのシロップが家庭に常備されている程、
クセのない、飲みやすいハーブティーです。

カリテ通販では取り扱いがないのですが、
個人的に普段から愛用しているハーブですので、ご紹介しました☆
お見かけになられたら、ぜひお試し下さいね〜


☆その3☆そして、最後に・・・・ 「デトックスティー」 ダルヤ(DARYA BIO)

なんといってもこの季節にしておきたいのが、デトックス!
冬は体が栄養を溜め込むようにできており(冬眠の名残でしょうか・・?)
春は冬の間に溜め込みすぎたものを一度排出して、
フレッシュなものを体にめぐらせる働きをするといわれています☆

ぜひこの時期特有の体のしくみに便乗して、
体のデトックスをしてリフレッシュをしましょう♪

 

ジョルジュキャノンのデトックスティー「DARYA BIO」は、
フランスの女性が春に取り組みたいデトックスを叶えるべく
余分な脂肪やむくみ、腸の中をきれいにする目的でブレンドされています。
1包をマグに浸しっぱなしでお湯を継ぎ足し継ぎ足し、2煎、3煎とお愉しみ頂けます☆

1箱(20包)飲み終える頃には、体が軽くなった感じと、
肌の吹き出物が少なくなり、トーンが明るくなった印象になる方が多いようです。

実はカリテ通販の女子スタッフから、
在庫がなくなると、再入荷のシュプレヒコールが毎回起きているほど・・(笑)
いやはや、女子の美に対する意欲はすごい!
この手のデトックスティーはクセが強いものが多いのですが、
非常に飲みやすいので、ぜひおすすめします。

とにもかくにも  ””春がやって来ました♥””
この季節を楽しまないなんてもったいない!!
春を心から楽しむ為に、ハーブティーを取り入れてみてくださいね。

カリテ・エ・プリ通販担当の荒井がお届けしました。


JUGEMテーマ:紅茶・コーヒーを楽しむ*

もうすぐ春がやってきますね♪



寒い冬がやっと終わって、温かな春の季節がやってきます!
アルション・サロン法善寺の石原です♪

春と言えばお花見♪もいいですが、
今日はイースターというお祭りについてお話ししようと思います!

そもそもイースターの語源は太陽の女神である"Eostre"とされていて、
春の訪れをお祝いする日でした。後にこの日を、
キリスト教ではキリストが復活した最も重要な祭日として祝うようになりました。
キリストの復活とともに冬から春へと季節が変わるお祝いする祭日!
それがイースター(復活祭)です♪

さてさて、イースターと言えば卵やウサギをモチーフにしたものがいろいろと並びますが、
なぜウサギや卵がモチーフかというと、
ウサギはたくさんの子どもを生むことから豊かな生命の象徴とされています。

また、イースターエッグと共にウサギをかたどったチョコレートなども飾られます!
飾られたうさぎや卵は、お祝いで集まった家族や友人でプレゼント交換するそうですよ♪

卵型のチョコレートは中にちょっとしたプレゼントをいれて渡すこともあり、
なかには指輪を入れて恋人にプロポーズなんてことも…ぽっ♥
そんな素敵な人が私にもいつか現れるでしょうかね〜
まあ気長に待つとしますか!((笑)

そんなことはさておき、
イースターにはいろいろな遊びがあるようで、
なかでも゛エッグハント"なるものがメインイベントだそうですよ!




ルールはと言いますと!
装飾を施したイースターエッグを屋外の至る場所に隠し、
笛の合図が鳴ったらみんなが一斉にそれを見つけ出すという
いわば宝探しゲームのようなものですね★なにか賞品があるのかしら?
上の写真を見て頂くと、イースターエッグがたくさん散らばっていますね♪
皆さん楽しそうです!私も参加してみたいな〜

ほかにはエッグロールという遊びもあり、
こちらは復活祭の日に坂の上から卵を転がして遊ぶというもので、
その由来はキリストが復活する際に
上にあった岩を転がしてどかせたという伝承に基づいたものです。
国によってやり方は様々ですが、
柄の長いスプーンをもって芝生の上を転がして競争したり、
坂の上から出来るだけ早く卵を転がり落としたりするそうです!

イギリスでは、エッグロールをするときに歌う"卵転がしの歌"というものもあるようです♪
個人的にはとっても興味ありますねー!たまご〜卵〜♪
気になる方はぜひ検索してみてください!

カラフルなイースターエッグですが、ここで作り方なんかをのせてみようと思います♪
卵とアクリル絵の具などがあれば簡単に作れるのですが、
最大のポイントはどれだけ綺麗に卵の中身を抜くかだそうです!ふむふむ!
1、 卵の上下に爪楊枝などで小さい穴を開けます。下側を少し大きめに
2、 下側の穴から爪楊枝をいれ、中身をかき混ぜます。
3、 上の穴にストローをあてて息を吹き込みます。
そうすると下の穴から中身が出てきます!
4、 中に水を通してよく洗い、しっかりと乾燥させて準備を整えます

あとは乾いた卵にお好きにデコレーションするだけです♪
絵の具やマスキングテープを使っても可愛くできそうです♥
興味のある方はぜひ挑戦してみてください★



3月は新作の紅茶2種類、
ブラックベリーのフレーバーと、カプチーノフレーバーのお茶に加え・・・

イースターにちなんだ卵型のお茶を新作でお目見えする予定でございます!
こちらは入荷次第店頭に順に並びますので、
難波にお越しの際はぜひお店を覗いてみてくださいませ!
皆様のご来店お待ちしております♪


サロン ド テ アルション法善寺 C.P. Thé 石原がお届けいたしました〜

JUGEMテーマ:紅茶・コーヒーを楽しむ*

| 1/27PAGES | >>