C.P.theの香りと癒しのティータイム | Qualiter Letter

新年はやっぱりこれがなきゃ♪ガレット デ ロワ で皆でお祝いしましょうよ!



        ん〜つやつやで美味しそうですね ♥


2017年新年明けましておめでとうございます!!
2016年もたくさん食べましたし、いろいろなお茶にも出会いましたが!

今年も大好きなお茶とお菓子にまみれた
1年を過ごしていこうと思います♥( 笑 )

新年から飛ばしていきますよ〜
どうぞよろしくお願いいたしますね♪


さて、ガレット デ ロワ といお菓子ですが、どういった意味のお菓子なのでしょうか?
ガレットgaletteはフランス語で円形のお菓子、roiは王様のこと。

つまり、ガレットデ ロワは"王様のケーキ"ということになります。
はるか古代ローマの時代、12月末から1月にかけてのお祭りにケーキを切り分けて、
この当時は空豆が入っていたらその人が饗宴の王になるという
風習があったと言われています。

なぜ空豆だったか。それは空豆が胎児の形をしていて、
古代から命のシンボルとして扱われ、
結婚や農耕にまつわる祭事の時には
空豆がふるまわれたことがきっかけなんだそうです!

ちなみに空豆にかわって現在使われている陶器のフェーブになったのは
19世紀の半ばにすぎないようで、意外と昔からあるようで
実はつい最近のような感じなんですね〜 ふむふむ


フランスでは、1月の第一日曜日(エピファニー 公現祭)に家族で切り分けて食べ、
フェーブが当たった人は、王冠をかぶり、王様や王妃様として皆から祝福を受け、
幸運が1年続くと言われる縁起と運だめしのお菓子なのです!
日本で言うおみくじのような感じですかね!
私も初詣でには必ずひきます♪今年は何が出るかしら?

エピファニーとは、クリスマスから12日目の日に
東方から来た3人の王様(メルキオール、ガスパール、バルタザール)が星に導かれ
ベツレヘムに辿り着き、キリストに贈り物を送って誕生を祝ったとされる日です。


フェーブって本当にいろいろな形があるんですね♪これはオシャレです!


フェーブをコレクションする人もフランスにはたくさんいるそうです!
だって可愛いですもんね〜
大阪のケーキ屋さんにも飾ってあるお店は結構ありますよ♪
形がいろいろあるので見るだけでも楽しい気持ちになります★

フランスにはフェーブのコレクター協会たるものもあるようで、
毎年およそ8000種類以上作られるそうですよ!わぁお すごい数!!

そしてさらにすごいのが、フランスでは年末から1月いっぱいくらいまで売られている
ガレット デ ロワ自体もこの期間だけなのに約6000万個作られているようですよ〜。

この数はなんとフランスの総人口なんですって!えっと!?ん?
フランスの方はガレット デ ロワ…相当好きですね♪
日本でも最近のケーキ屋さんではよく見かけるようになってきましたもんね!
アルションでも今年もやります!


あと、個人的に気になる記事が!ブラン博物館というところには
フェーブが2万点近く展示されているようなんですよ♪一度は見てみたい!
気になる方は一度調べてみてください♪
博物館の紹介動画にフェーブがいろいろ出てましたよ!


さてさてガレット デ ロワですが、私達がよく目にするのは
写真左のパイ生地にアーモンドクリームを詰めて焼いたものですが、
実は右の写真もガレット デ ロワなんですよ!
まったく違うお菓子に見えますがね…

中にフェーブが入っているのと丸い形というところは一緒なのですが、
こちらは南フランス プロヴァンス地方のガレット デ ロワで、

パイ菓子ではなくてドライフルーツが入ったブリオッシュ生地でつくる
どちらかというとパンのような感じです!

この形は私も初めて見ました♪
お菓子は同じ名前なのに地方などによっていろいろな形や味があるというのが
やっぱり面白いところですよね!本当に奥が深いですよね

さて、今年のアルションのガレット デ ロワのお話もしましょうか♪
本場フランス同様、パイ生地の中には香ばしいアーモンドを砕いた濃厚なクリームと
ほっくり美味しい栗をつめて焼きこみ、ほろほろの食感と絶妙な甘さに仕上げました♪

アルションのガレット デ ロワでは定番になっている栗、
"勝ち栗"と言われる縁起ものなんです!
1年の始まりにはやはり欠かせませんよね!
家族で食べるもよし、学校やサークルの仲間と食べるもよしな
アルションのガレット デ ロワ、
ぜひ、美味しい紅茶と一緒に召し上がれ♥1月6日までの販売なのでお早めに♥

1月に入ったということは…そろそろやってきますね♪
そう!バレンタインがっ(毎年ながら早いですよね…)

年明けから毎月のイベントラッシュが始まります!
紅茶も新作が続々と登場しますので、皆様のご来店お待ちしております♪


   


サロン ド テ アルション法善寺 C.P. Thé 石原がお届けいたしました〜


JUGEMテーマ:紅茶・コーヒーを楽しむ*

comments










trackback

trackback URL
http://qualite-nishi.jugem.jp/trackback/78