C.P.theの香りと癒しのティータイム | Qualiter Letter

7月はフランスの伝統菓子フェア♪ですよ!!

 

サンサン♪と照りつける太陽と戦っている毎日(笑
皆さんは元気にお過ごしでしょうか?

私は冷た〜いアイスティーを飲みながら、 なんとか暑さをしのいでおります!!

カリっもちっ♪なカヌレ(左)に、ジューシーなリンゴをたくさん詰めたショソン・オ・ポンム(右)


アルションでは毎年恒例になってきていますが
もちろん今年もやります!!"パリの伝統菓子フェア"❤

ラインナップは日によって変わりますのでここでお知らせいたしますね!

まず、7月1日〜31日の1か月間は・・・
★カヌレ
★ショソン・オ・ポンム
★ミルリトン
こちらの3種類が店頭に並びます。

そして…パリ祭が行われる週である、7月8日〜14日まではこちら!
★フラン
★ルリジューズ
★ピティビエ   こちらの3種類がゲスト出演♪

むむ!フランにルリジューズ…これはアルションでもニューフェイス!ということで(笑
簡単にどういったお菓子なのかを、ご紹介していきましょう♪


★フラン


ドーン!!むむ!!
チーズケーキ?いえいえ ・・・ こちらが噂のフランですよ❤

19世紀にはすでにフランは登場しているようで、
今ではフランスのパン屋さんやパティスリーでも売られているお菓子です。

サクサクの生地に卵・牛乳・砂糖・小麦粉で作ったアパレイユを流して焼き上げます。
中はむっちりと!ぷりんと!した不思議な食感に、外側のサクサク生地がマッチして
シンプルに美味しく食べていただきたいお菓子です★


★ ルリジューズ


続いては、ルリジューズ!
ルリジューズとは、フランス語で"修道女"を意味します。
お菓子の形とバタークリームのレース模様が、
修道服の襟のように見えることからこの名前がついたんだとか!

1856年ごろ、パリのリシュリュー通りにある
フラスカティという菓子屋で初めて作られたと言います。

当時は、結婚式などで使われる大型のお菓子
"ピエスモンテ"→右の写真のような大きなお菓子として制作されていたようです!


アルションでは夏バージョンでお作りするので、中にはパイナップルのタタンや
カスタードクリーム、ココナッツの風味豊かなダコワーズが入っているんですよ♪

きゃ〜早く食べたいですね❤
飾りにはフランスのお砂糖"ベルドシュクレ"で、おめかししてます!
ぜひぜひキュートなルリジューズを食べに来てくださいね♪


※何度も言うようですが、フランとルリジューズは7月8日〜14日の限定です!!
この期間にお買い逃がしの無いように♪これは食べなきゃ損しちゃいます!





サロン・ド・テ アルション法善寺本店2階のサロンでは、
パリ祭にちなんで“ブリュレ”が再登場!

パリパリのカラメルをぜひ“カツーん”としてみてください♪




忘れちゃいけない!
通常メニューのサヴァランもフランスの伝統的なお菓子ですよ★

サヴァランはクグロフというお菓子からババに変わっていき、
19世紀ごろにパリで人気のあったジュリアン兄弟のお店でさらに改良が加えられ、
当時の美食家"ブリア・サバラン"にちなんで名づけられたお菓子なんです!

歴史などを知りながら食べると、いつもとまた違ったようにかんじられますよね〜
ぜひ、パリジェンヌ気分で♪美味しい紅茶とデザートを召し上がってくださいませ!


7月の中頃の予定ですが、新作の紅茶も販売予定です!!

★”私のお気に入り”(という名前のお茶です)
エキゾチックフルーツやパパイヤなどのフルーツの甘い香りにバラの花びらでオシャレに♪
『私のお気に入り』フレーバーです♪

★ムスカ・ド・プロバンス
過去に人気のフレーバーだったものを再入荷いたします!
ジューシーなマスカットの香りが特徴の紅茶です♪
ホットでも美味しいのですが、私は断然アイス派です❤


★エキゾチック
アルションでは夏季限定アイテムでお馴染のエキゾチック!
パッションフルーツなどの南国系のフルーツのフレーバーで暑いこの時期にピッタリ!

今月は伝統菓子もたくさんですし、新作の紅茶もぞくぞく登場するので
わくわくが止まりません!!(笑




7月19日には"フランスの伝統菓子と紅茶のマリアージュ"のお茶会も♪
美味しいお茶とお菓子を食べて、楽しいひと時を過ごせる方を募集しております!
ご都合の合う方はぜひお待ちしております♪

これからが夏本番!!
7月はアルションで美味しい紅茶と地方の珍しいフランスのお菓子たちを食べて
うだる暑さを吹き飛ばしてしましましょう!

サロン・ド・テ アルション法善寺 石原がお届けしました〜


JUGEMテーマ:紅茶・コーヒーを楽しむ*

comments










trackback

trackback URL
http://qualite-nishi.jugem.jp/trackback/83